1919年、キリスト教女子青年会(YWCA)によって撮影された、日本の日常、人々、風俗風習。水撒き大八車と牛車が交通トラブル起こしてたり、数人がかりで岩を使って地ならししていたり。アイヌの人々が飼育した子グマを神々の世界へと送る儀式、イオマンテの実際の映像が残ってるの凄い。
2,747 回
6 日前
怪我をした部分の皮膚に電子デバイスを乗せてピピッと稼働させると、数日で損傷が修復してしまう。最新ナノチップテクノロジーでやろうとしているのはこれだ。皮膚細胞を再プログラムして、組織や内臓丸ごとすら置き換えてしまうのである。
106,619 回
3 日前
どひゃーすぎる(°_°)世界のお金持ちたちも憧れる超高級スーパーヨットTOP10です。1位の4500億円のヨットは実際に建造されなかったようなので事実上の1位はロマン・アブラモヴィッチさんのECLIPSEなんですね。
205,138 回
6 ヶ月前
こういうのはいいかもなあ。日本のあのお葬式は何度経験しても慣れないし毎回気が重くなる。取りあえず下を向いておかないといけないような雰囲気だしね。故人を入れた棺が軽快なダンスで運ばれるガーナの葬儀が賑やかすぎる動画です。
861,778 回
3 年前
錯視は我々が現実を直接見ていないことの証左だ。また我々に世界を見える形で体験させようとする心が、視覚情報を処理する過程を垣間見せてもくれる。 その処理を担うのが脳であり、これが錯視の原因である。
3,027,738 回
2 年前
四足歩行ロボットや人型ロボットを開発しているアメリカの企業、Boston Dynamics社の開発風景のうち、ある特定の一部分をまとめた映像。バランス性能を確かめるため、横合いから喧嘩キックを浴びせ、悪路を延々と歩かせ続け、持ち上げようとした荷物を叩き落とす。もしもロボットたちが自我を持ったら、人間に対して復讐を誓ってもおかしくないと思えてしまう。
59,147 回
3 ヶ月前
1944年6月6日は「D-デイ」と呼ばれる日だ。第二次世界大戦において、ヨーロッパ戦線の転機となった日である。 当時、ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍はヨーロッパ大陸を占領し、ソ連へと侵攻中であった。
3,645 回
3 年前
Image: Stanford / YouTube 画期的な新型ロボットと言われるものは数多く世に出てきましたが、実際に「あれにも使えるこれにも使える」と想像を掻き立てられるものはなかなか少ないですよ
223,015 回
28 日前
Image: ETH Zurich 心臓も3Dプリンターで作れる時代に突入です。
190,907 回
1 ヶ月前
新着コメント一覧
  • 臭くならんのかね?
  • 蚊取り線香使えよ
  • 日本のネガキャンwww
  • へたくそなCGで笑うわ。つまらん。