怪我をした部分の皮膚に電子デバイスを乗せてピピッと稼働させると、数日で損傷が修復してしまう。最新ナノチップテクノロジーでやろうとしているのはこれだ。皮膚細胞を再プログラムして、組織や内臓丸ごとすら置き換えてしまうのである。
106,619 回
3 日前
1919年、キリスト教女子青年会(YWCA)によって撮影された、日本の日常、人々、風俗風習。水撒き大八車と牛車が交通トラブル起こしてたり、数人がかりで岩を使って地ならししていたり。アイヌの人々が飼育した子グマを神々の世界へと送る儀式、イオマンテの実際の映像が残ってるの凄い。
2,747 回
6 日前
Image: ギズモード・ジャパン編集部 こんなに歩き回れるVRは初めて! ゲームセンターへの設置や、新宿にオープンした国内最大級のVRアトラクション施設「VR ゾーン」など、VRはますます私たちの生
584 回
28 日前
Image: Stanford / YouTube 画期的な新型ロボットと言われるものは数多く世に出てきましたが、実際に「あれにも使えるこれにも使える」と想像を掻き立てられるものはなかなか少ないですよ
223,015 回
28 日前
アメリカで、飼い犬が溺れかけていた子鹿を救出し話題になっています。YouTubeには「信じられない!」「素晴らしいね」などのコメントが寄せられています。とても賢いワンコですね^ ^ 川を渡ろうとする二人組。しかし、この女性は川を飛び越えることができません。すると、なんと男性が「人間橋」となって女性を渡らせてあげました。男性は最終的に自分は戻ることができずに川に落ちてしまったのですが、素晴らしいホスピタリティですね^ ^ こんなんされたら惚れてしまう^ ^ いまやテレビで見ない日はないほど、大ブレイク中のお笑いコンビ・メイプル超合金。
1,436,623 回
1 ヶ月前
Image: ETH Zurich 心臓も3Dプリンターで作れる時代に突入です。
190,907 回
1 ヶ月前
Image: Georgia Tech / YouTube エスカレーターとは、また違う楽チンさ。
148,710 回
1 ヶ月前
四足歩行ロボットや人型ロボットを開発しているアメリカの企業、Boston Dynamics社の開発風景のうち、ある特定の一部分をまとめた映像。バランス性能を確かめるため、横合いから喧嘩キックを浴びせ、悪路を延々と歩かせ続け、持ち上げようとした荷物を叩き落とす。もしもロボットたちが自我を持ったら、人間に対して復讐を誓ってもおかしくないと思えてしまう。
59,147 回
3 ヶ月前
視界不良の海に飛び込み、穴の中へ手を伸ばし、ぬめぬめとしたその相手をなんとか水面まで引っ張りあげる。巨大であればあるほどアドバンテージが高い。 それが1960年頃の太平洋北西部で人気を博した「タコレスリング」なるスポーツだ。
40,983 回
5 ヶ月前
新着コメント一覧
  • 臭くならんのかね?
  • 蚊取り線香使えよ
  • 日本のネガキャンwww
  • へたくそなCGで笑うわ。つまらん。