1954年、アメリカ・アラバマ州タラディーガ郡シラコーガ郊外のオークグローブに隕石が落下した。のちにホッジズ隕石と呼ばれるその隕石は民家を直撃。 屋根を突き抜け、カウチに座って昼寝をしていたたアン・エリザベス・ホッジス夫人(当時34歳)に命中した。
5,404 回
1 年前
ときに動物が演奏者としてバンドメンバーに迎え入れられることもある。単に受け狙いとみなされたり、動物を巻き込むなという批判もあるが、そのバンドに実力があり、ファンでありなおかつ動物も好きであれば深く記憶に刻まれることだろう。
21,983 回
6 年前
爬虫類のような歩き方、昆虫のような歩き方、そして哺乳類のような歩き方をそれぞれ模倣して歩く変形ロボット。足だけでなく、本体の変形機構もかなり柔軟で、状況に応じて適切な方法で歩くことができるとのこと。
4,707 回
2 年前
私が赤ちゃんの命の重さについて深く考えるようになったきっかけは、医師になってわりとすぐの頃に起きた出来事にありました・・
28,141 回
4 年前
イギリスのチェスター動物園にて。元気に走り回っていた子供のゾウ2頭が、大人のゾウに体当たりしてしまうアクシデント。丁度、大人のゾウが振り向いた瞬間にカウンターのごとくぶつかってしまったため、この一撃であえなくノックアウト。この後、40分経ってようやく立ち上がることができたとのこと。
33,021 回
8 年前
宮崎県北部にある県立高千穂高校(高千穂町)で、生徒のいたずらを理由に1カ月以上、1年生の教室からストーブが没収されている。
918 回
2 年前
いまAI(人工知能)がアツい! 囲碁の世界王者を破った「AlphaGO Zero」、最近ではAIスピーカーの登 […]
2,672 回
7 ヶ月前
科学技術の進歩による恩恵は、人間だけでなく動物たちにも惜しみなく与えられるようになってきている。特に3Dプリンタの登場は、治療の選択肢を大きく広げることとなった。そこで今日は、3Dプリンタによって日常生活を取り戻すことのできた動物たちをご紹介していこう。
8,914 回
4 年前
記事は、昨年8月に台湾で開催された「2017年夏季ユニバーシアード」に出場した水球の韓国代表チームは、国際舞台で大恥をかくこととなったと伝えた。
110 回
17 日前
【ロシア】カップルでブリッジスイングに挑戦し2人共転落
4,247 回
2 年前
新着コメント一覧
  • 日本でも居眠りとかでこういう事故は多発してる。大型トラックと70才以上の老人は自...
  • で、、、これは何の動画なんだ。ふざけてるのか
  • 反応遅いw