ダイビング中にホオジロザメに遭遇!しつこく追跡してくる恐怖の時間

南アフリカでダイビングをしていた男性がホオジロザメに遭遇してしまう動画。焦った男性はボートに逃げ戻ろうとしますが、海面近くまでしつこくサメは追ってきます。幸い男性は無事ボートに上がることができましたが、それまで生きた心地がしない時間だったでしょう。。 ハロウィンで子供がもらってきたお菓子に針が入っていたという動画が話題です。しかし動画に対するコメントは賛否両論で、「袋が開いていたのが怪しい。自作自演では?」「どこでもらってきたお菓子か子供に聞けば一発で犯人が分かるのでは?」「ありえない話じゃない」「時sくじえんかもしれないけど、動画投稿者は注意喚起のために投稿したんじゃないのかなぁ」などのコメントが寄せられています。楽しいはずのハロウィンですが、このようなリスクもありえない話ではありません。。 病院の2ビルの3階でスタックしてしてしまった一匹の猫。猫は3日間に渡ってこの場所から動けなくなっていたといいます。レスキュー隊員が救助しようとしますが、手こずっていたところ、なんと猫は自らジャンプ!2階の部分を上手く使って無事着地しました。助かってよかったですね^ ^ モーターやバッテリーを強力なものに変え、ギヤも改造した「改造プラレール」で宙返りをやってのけてしまう映像。動画投稿者さんは、その後なんと「10回転宙返り」に挑戦!これも達成してしまいます。こんな速いプラレールは見た事がありません^ ^; 動画には「プラレールってこんなに速くなるの?!」「速すぎ!」など驚きのコメントが寄せられています。奇跡の10回転宙返りの映像はこちら↓ 二人の娘たちのオムツ替えに奮闘するパパ。このパパはオムツ替えに慣れているように見えますが、それでも二人ともなると本当に大変そう。一人の赤ちゃんを寝かせたと思ったら、もう一人の赤ちゃんはどこかへ行ってしまいます^ ^; それでも頑張る姿勢はさすがパパですね^ ^ 裸で寝る赤ちゃんが寒いと思ったのか、毛布をかけてあげる優しい犬。動画には「優しい犬」「良い犬だ」「犬最高!」「うちの犬も同じことをしてくれる」などのコメントが寄せられています。犬って優しいなぁ^ ^ 京浜東北線の終電でトロンボーン吹いてるんだが笑笑笑笑 pic.twitter.com/xOFteup5Dy— a.guchi (@AyaGuchi98) 2017年11月5日終電の京浜東北線内でトロンボーンを演奏する外国人たちの動画がTwitterで話題になっています。動画に対するコメントは賛否両論で「迷惑」「日本ではダメ」など批判的なコメントから「演奏うますぎ」「プロの演奏がただて聞けて羨ましい」「日本もこんなのが許容される社会ならいいのに」「こういうのに怒る人が子供の声がうるさいとクレーム入れたりするんだろうな」など肯定的なコメントも寄せられています。 実は演奏している方々は、ドイツの「トロンボーン・ユニット・ハノーファー」という有名なユニットの方々。ドイツのトップ・オーケストラに所属し、各オーケストラで首席のメンバーもいます。以下引用「2008年、ドイツ音楽コンクール出場の際に結成。ハノーファー音楽演劇大学で学んだ9人の若いトロンボーン奏者で構成され、いずれもドイツのトップ・オーケストラに所属する。」 冷蔵庫を開けようと何度もトライする犬。しかし、勝手に閉まってしまう冷蔵庫を開けて中を見ることができませんでした。その時飼い主さんが声をかけると、怒られると思ったのか、犬はしょんぼりして立ちつくしてしまいました笑。悪いことをしているという自覚はあるのでしょうね^ ^; 北海道・札幌市すすきのから乗車した男性が、タクシーの車内で「道が違う!」と大暴れし、そのドライブレコーダーの映像が公開されました。男性は料金の990円を払わず下車し逃走したとのこと。タクシー会社によると、被害総額は14万円にもなったということです。会社は警察に被害届を出すということです。目的地に着けば、料金なんてそこまで変わらないと思うのですが。。しかし、「行き方が違う」と怒る客は結構いるようで、筆者もタクシーの運転手さんから「そのような人は多くいる」という話を聞きました。余裕を持って人と接して欲しいものです。。 スマホの周りに集まってくるカエルたち。スマホの画面に映っているのはなんとミミズ!ご馳走がある!と思って集まってきたのか、単なる鑑賞会なのか。。このようにスマホを利用すれば、様々な動物や生き物をおびき寄せることができるかもしれませんね。 オーストリアのザルツブルク空港で撮影された映像。強風が吹き荒れる中、大きく揺られた飛行機が着陸態勢に。一度は地面に着地しますが、すぐに再離陸して行きました。飛行機はその後ドイツのフランクフルトまで戻ったとのこと。乗客もパイロットも生きた心地がしなかったでしょうね。↓は外からの映像。2分あたりからどうぞ。 どこから持ってきたのか、ママの「おもちゃ」を見つけてしまった子供。それが何かは分かっていないと思いますが、ママが焦るのを見て楽しんでいる様子。逃げ回って一向に返してくれる気配がありません^ ^; 最終的には子供が怯んだ隙にママが取り上げ、無事回収しました。子供の目に届くようなところに置いてはダメですね。といってもどこからか探し出してしまうのでしょう^ ^; 沖縄で撮影された「命がけで台風からパパイヤを守る女性」の映像が海外のメディアで紹介され、1,600万回を超える人気動画になっています。この女性は2年間かけてパパイヤを育てたとのこと。「可愛い笑」「パパイヤは人生」「日本人ではなく、沖縄に住んでいるタイ人です」「流石にこれは本気じゃないよね(汗」などのコメントが寄せられています。 一台の赤いアウディが、黄色車線での違法な車線変更をします。後ろには大型トラックが迫っており、クラクションを鳴らして注意を促しますが、完全に無視。そして勢いよく走り始めたと思ったら、白バイが登場し検挙します。もっと余裕を持って運転して欲しいものです。。 こちらは、40年前にオランダ人のポルシェオーナーが作った1/3サイズのポルシェ911の水平対向6気筒エンジン。精密機器メーカーに勤めていたオーナーが、図面を元に全て手作りしたというから驚きです。エンジン音が素晴らしいです^ ^ ママがパパの手を握ろうとすると、「パパは自分だけのもの!」とでも主張するかのようにママの手を放させようと頑張る赤ちゃん笑。パパとママが逆の時はどうなるのか気になります^ ^ いいちこインコが飼い主さんが太鼓を叩くと、「私も叩かせて!」とくちばしで一緒になって叩きます。そして飼い主さんより良い音出ています^ ^ 飼い主さんによれば「首とか頭は大丈夫かな?…との意見を頂きますが1996年(平成8年)生まれの健康ご長寿のお爺ちゃんインコで、小鳥専門の獣医さんの所で健康診断を受け、健康体のお墨付きを頂いておりますので、ご安心下さい。」とのこと。 3日間の生放送を行い話題になったAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」で、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが森且行と21年ぶりに共演しました。こちらはその時の映像。最高の笑顔が素敵です^ ^ 最速記録達成の瞬間は4分56秒あたり。1994年にスウェーデン・エンゲルホルムに設立されたスーパーカーメーカー「ケーニグセグ」の「アゲーラ RS」が、公道を封鎖した最高速アタックで市販最速の時速457kmを記録し、世界一になりました。こちらはその時の車載映像。速すぎて恐ろしいほどのスピードです^ ^; アメリカ・カリフォルニア州のキングスキャニオンをトレッキングしていた動画撮影者さん。すると前方から大きな熊が接近してきました。男性は大きな声で「戻って!」と話しかけるように叫び、男性の存在に気づいた熊は道を譲って森の方へ行きました。全ての場合に有効な対処法ではありませんが、この時の男性の判断は間違っていませんでした。私たち人間が熊と遭遇したくないのと同様に、熊の方も人間と遭遇したくはないのかもしれませんね。

「 9ポスト 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 1,638,975 回
  • 動画の投稿日時 : 2017-07-23 16:00
  • ブログの投稿日時 : 2017-11-09 11:07
  • 評価 : 97 %
  • 再生回数/時 : 575

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 過ごすぎてと中からわからなくなった
  • 盗撮魔が露出魔に盗撮で抗議するループ
  • 小鳥さんに撃墜される戦闘機