音楽と完全にシンクロした、金属球と磁石のルーブ・ゴールドバーグ・マシンがすごい

チャイコフスキー作曲のバレエ曲、くるみ割り人形の「花のワルツ」に合わせて作られたルーブ・ゴールドバーグ・マシンがすごい。木片の上を転がる金属球が連鎖していくだけでもすごいのに、音楽と完全にシンクロしているのがすごすぎる。製作者いわく、花のワルツの一部分だけを数百回も聞き続けて、気が狂いそうになったとか。【関連】磁石の動きが面白い!カプラと磁石とビー玉で作った、ルーブ・ゴールドバーグ・マシンラインラ

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 533,211 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-01-09 17:32
  • ブログの投稿日時 : 2018-01-10 20:27
  • 評価 : 98 %
  • 再生回数/時 : 1607

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 日本でも居眠りとかでこういう事故は多発してる。大型トラックと70才以上の老人は自...
  • で、、、これは何の動画なんだ。ふざけてるのか
  • 反応遅いw