ソフト・ロボティクスがまた一歩前進。液体誘導体でできた「自己修復する人工筋肉HASAL」

ロボット開発の一分野であるソフト・ロボティクスの目標は、もろい物体を壊すことなく丁寧に掴めるロボットを開発すること。それを可能にする人工筋肉には誘電性エラストマーを使用したものがありますが、今度はある研究チームが液体誘電体を使用した人工筋肉を発表しました。

「 ギズモード・ジャパン 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 14,210 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-01-04 18:49
  • ブログの投稿日時 : 2018-01-11 21:57
  • 評価 : 100 %
  • 再生回数/時 : 31

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 日本でも居眠りとかでこういう事故は多発してる。大型トラックと70才以上の老人は自...
  • で、、、これは何の動画なんだ。ふざけてるのか
  • 反応遅いw