500ドルの「髭剃りエフェクトAI」、2500万ドルをかけたプロのVFXをあっさり超える

『ジャスティス・リーグ』でスーパーマンを演じることになっていたカヴィルですが、撮影時期が被っていた『ミッション・インポッシブル6』では髭を生やしたキャラクターを演じることになっており、さらにパラマウントと「髭を剃らない」契約が交わされていたために、ワーナー側が『ジャスティス〜』のスーパーマンにデジタル処理で髭剃りをさせたというものです。ヒゲ処理含めて再撮影費用に約2,500万ドル(約27億円)

「 ギズモード・ジャパン 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 688,475 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-02-06 16:31
  • ブログの投稿日時 : 2018-02-09 09:32
  • 評価 : 96 %
  • 再生回数/時 : 273

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧