服役中に移送先の病院で出産した女性受刑者、手錠を付けられたまま分娩台に

覚せい剤取締法違反の罪で2010年から2年半にわたって笠松刑務所(岐阜県笠松町)に服役していた30代の女性が毎日新聞の取材に応じた。妊娠していた女性は服役中、移送先の病院で出産したが、手錠をはめられた状態で分娩(ぶんべん)台に上がった・・

「 銃とバッジは置いていけ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 548,780 回
  • 動画の投稿日時 : 2017-11-01 15:01
  • ブログの投稿日時 : 2018-03-11 19:24
  • 評価 : 76 %
  • 再生回数/時 : 96

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧