人生2周目レベルの上手さ。ピアノで「小犬のワルツ」を弾く5歳児が凄すぎる

ピアノでショパンのピアノ独奏曲「小犬のワルツ(ワルツ第6番)」を演奏するエヴァン・リーくん。わずか5歳、まだ小学生にもならない年齢なのに、このレベルの演奏は驚異的。「人生2周目」とか「ピアニストの幽霊が取り憑いている」とか「薬で子供の体になった」とか言われても納得してしまいそう。【関連】英カナリー・ワーフ駅の警備員が腹ごなしに弾くピアノ演奏が素晴らしすぎたホームレス歴30年、ライアンさんが演奏する

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 1,020,676 回
  • 動画の投稿日時 : 2016-12-25 11:26
  • ブログの投稿日時 : 2018-03-13 20:10
  • 評価 : 0 %
  • 再生回数/時 : 78

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧