米軍が「外骨格」や「第3の腕」を試作中、兵士の負担をがっつり軽減だ

Image:U.S.ArmyResearchLaboratory/YouTube2029年のターミネーター実用化に間に合うか?戦場に赴く兵士たちは、まだまだボバ・フェットみたいな姿にはならないにせよ、日々着々と彼らの負担を軽くするようテクノロジーが開発されているようです。それが外骨格パワードスーツの「ONYXエクソスケルトン」と、第3の腕「サード・アーム」。外骨格はもはや工場で肉体労働する人々が使

「 ギズモード・ジャパン 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 242,487 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-05-25 01:22
  • ブログの投稿日時 : 2018-06-12 22:15
  • 評価 : 44 %
  • 再生回数/時 : 119

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • こういうの本当すごい