車の衝突事故を撮影した監視カメラ映像や車載カメラ映像を加工し、一方の車両などを透明化。なんの前触れもなく、透明ななにかに衝突して弾かれる車が不思議でありつつ、ちょっと考えさせられもする。事故に遭った当人たちからすれば、きっとこの映像と同じくらい突然で衝撃的な出来事であったはず。
618,164 回
2 年前
恐ろしい獣によって高い塔の上に囚われていると噂されているラプンツェル王女を救うため、塔の外壁を登り、崩れた階段を飛び渡り、塔の最上階を目指す兵士たち。みごと最上階へとたどり着き、ラプンツェル王女を助け出したと思ったその時、怪しげな気配が漂いはじめて……。独特な雰囲気がいい感じで、アクションシーンも面白い。
5,654 回
11 ヶ月前
ホンダの車を購入して家に帰り、夫婦そろってドライブしてディナーへ。走っているように見える車は、実際にはその場を一切動いていないというコマーシャルの舞台裏映像。CM本編も舞台裏も、何度も再生してみるとなるほど面白い。
9,359 回
10 日前
1962年から現在まで地下で燃え続ける坑内火災によりゴーストタウンと化したアメリカ、ペンシルベニア州コロンビア郡の町、セントラリア。火災の影響で大きな亀裂が入り、使われなくなったペンシルベニア州道61号線は、ゴーストタウンを見ようとセントラリアを訪れた人々により、膨大な落書きで埋め尽くされ、「グラフィティ・ハイウェイ」として名物になっている。
40,757 回
4 年前
geralt/pixabay 「十年一昔」と言われていたが、今やめまぐるしく時代は変化している。かつての10年が、5年~3年くらいの感覚になっている人も多いようだ。 まだ見ぬ未来はどんな世界になっているのだろう?明るい希望だけは持ち続けていたいものだ。
4,248,437 回
4 ヶ月前
ネパール、カトマンズ近郊のチャパゴン村の人々が興じているのは、「Ghaito Futai」と呼ばれるゲーム。目隠しをして棒を持ち、ペットボトル(通常は粘土をこねて作った壺)を叩くことができれば、上に積まれた掛け金を手に入れることができる。ネパール版スイカ割りのような、ちょっとした賭け事のゲームみたい。
361 回
14 日前
SFの世界には存在するが、もしかしたらリアルな未来世界にも存在する可能性が浮上している人型ロボットのヒューマノイド。 どこまで人間に近づいているのかが気になるところだが、人間の生活習慣をも模倣するタイプなら、食事だって人間のように取ることになるだろう。
1,131 回
2 ヶ月前
Image:INDIEGOGOデコボコの山道をスムーズに走る電スケ登場。砂利道も山道も雪道も階段も、どんな地形でも走破できる電動スケートボード「CYCLEAGLE」が、INDIEGOGOで出資金を募集しています。これは2WDまたは4DWで独立サスを備え、カーボンファイバーで覆われた超軽量アルミ製。強くて軽くてしなやかなボードとなっています。
13,258 回
17 日前
Hugo Regan/Youtube 潜水球(バチスフィア)は鋼鉄製の球形の深海用潜水装置である。動力は持たず、中に人が入った鉄の球が、ケーブルで海中に吊り下ろされるのみだ。
10,121 回
4 年前
AxxLC/pixabay 家の中に侵入してくる泥棒は恐怖だが、ガレージや私道に駐車してある車を狙って、コソ泥を働く犯罪者には恐怖よりも怒りやイライラを募らせることが多いだろう。
107,910 回
1 ヶ月前
新着コメント一覧