種子が熟すとわずかな振動で破裂して弾け飛ぶというツリフネソウ科の植物を好物にしてしまった毛虫さんのお食事風景です。
495,487 回
5 日前
今月初め、南コーカサスのジョージア(グルシア)で、3年も行方不明だった愛犬とようやく再会できたおじいさんの姿を映した動画が話題になっている。 2015年から突如姿を消した犬の名はジョージ。おじいさんは粘り強く3年間ずっとジョージを探し続けていた。
640,818 回
9 日前
睡魔との戦い。それはもしかすると、勝てる望みが限りなく少ないバトルなのかもしれない。だって敗北の向こうに待っているものは、至福の安らぎ、恍惚の悦楽。 他人が気持ちよさそうに寝こけているのを見るのは、ちょびっとイラっとするかもしれない。
392,610 回
16 日前
大昔、自分の家の床下で、猫が出産したことがあった。野良じゃなくて、放し飼いにしていた隣んちの猫だったんだけど(まあ昭和の時代だし)、生まれたばかりの子猫たちを抱えたお母さん、強かったなあ。
626,025 回
1 ヶ月前
鳥、特にカモなどのヒナが、卵から孵化して最初に見た「動くもの」を「親」であると認識し、その後ろをついて歩く。みなさんよくご存知の刷り込み(インプリンティング)という現象だ。 通常なら、ヒナが最初にその姿を目にし、その声を耳にするのは実際の「親」だ。
2,154,970 回
5 ヶ月前
部屋いっぱいに敷き詰めたのは、上を開けた状態の空のダンボール箱。好奇心と警戒心の入り混じった猫たちは、おっかなびっくりしながらも箱に入ったり、箱の上を渡ったり。猫たちの性格もいろいろ出ていて面白いね。【関連】ダンボール20箱を並べた集合住宅で戯れる9匹の猫猫たちすごく楽しそう!愛猫2匹を楽しませるため、ダンボール50箱で迷路を作ってみた箱への愛情が深すぎる。
301,323 回
1 ヶ月前
インターネットが普及しまくった今日この頃、昨日までは目立たない一般人だったのが、いきなり全世界的に有名なスターになってしまうなんてことも珍しくなくなってきた。
131,711 回
15 日前
今月初め、アメリカのバージニア州で保護された犬と猫のペアのエピソードが話題になっている。この2匹は小さな体で互いに寄り添い、助け合いながら生きてきたようだ。 発見者が1匹ずつ保護しようとするも「絶対に離れない!」とばかりに追い払おうとする。
39,230 回
6 日前
すべり台からすべり落ちる子猫を、助けにいく親猫。漫画のようなオチが人気を呼んでいました。動画をご覧ください。
10,469,358 回
9 年前
青い瞳が美しいヒマラヤンキャットのクライドには自ら進んで下僕をかって出る犬が2匹もいるようだ。 フレンチブルドッグのフランキーとルーイだ。 クライドレベルになると自ら歩かなくてもよい。犬たちが自らの入ったバスケットを運んでくれるのだから。
19,148 回
8 日前
新着コメント一覧
  • 気持ち悪い