米ユタ州、ブリガム・ヤング大学のエンジニアが開発し、NASAが資金援助している、空気でふくらませるタイプのロボット「キング・ルーイ」。ぶつかっても柔らかいため傷つけることが少なく、人や物にやさしいという仕様はベイマックスのよう。ロボットの皮膚は布製で、内部には自転車のタイヤ・チューブのようなものが張り巡らされているのだという。
10,905 回
3 日前
新着コメント一覧