70154/pixabay 世界最速の鳥として知られている猛禽類のハヤブサ。ハヤブサという和名は「速い翼」が転じたと考えられている。遠方にいる獲物を捕らえる時には、時速386kmものスピードで急降下することができるという。
474,049 回
5 ヶ月前
Image:BostonDynamics/YouTubeこれは犬じゃなくてトナカイ。いいね?2019年は犬型ロボ「Spot」を発売し、身軽なロボットATLAS君に新体操を披露したソフトバンク傘下の米BostonDynamics(ボストン・ダイナミクス)社。彼らから、ホリデー・シーズンに向けてロボット犬・トナカイにソリを引かせるメッセージ映像が公開されました。
4,508,368 回
4 年前
Image:Skyryse/YouTube古い機体でも、世界で最も賢いヘリコプターに大変身です。アメリカのスタートアップ企業Skyryseが、既存のヘリコプターを自律飛行させるシステムを作りました。彼らが作るハードとソフトを組み込めば、もう操縦士が手を触れずとも、音声指示で行きたい場所へ飛んでいってくれるのです。FreshGadgetsが取り挙げた、試験飛行の様子をご覧ください。
71,568 回
1 ヶ月前
Wikimedia Commons アメリカ、ネブラスカ州ハリソンの町近くの瑪瑙(めのう)の化石層にある遺跡では、地面から螺旋(らせん)状に露出している奇妙な化石を見ることができる。 これは、これまでに発見されたもっとも珍しい化石のひとつだろう。
1,503,321 回
2 年前
火炎放射器をぶっ放す瞬間、炎の周辺をレース用ドローンで飛行しつつ撮影したスローモーション映像。ゆっくり広がっていく炎をいろいろな角度から見ることができて、ド派手で格好いい。前半はいろいろと準備して、8:10から撮影開始。いちばん格好良く撮れてるかなと思うのが12:11以降の映像。【関連】アメリカすごい。
30,760 回
24 日前
数年前、GoogleのCMで「1」「1」「5」「8」の4つの数を使って10をつくるパズルが有名になりました。
2,960,865 回
6 年前
Image:VictoriaSong(Gizmodo)カフェやバーで重宝されそうです。ここ数年、Matrix社は体温で動くスマートウォッチで知られるようになりました。ですが彼らは「CES2020」にて、熱電技術を使って異なる取り組みをしていることを発表しています。その最新ガジェット「Juno」は、激アツドリンクを超高速で冷ますのに、一役買ってくれます。
19,472 回
18 日前
Photo:RonanLaker/GONG/NASA/HelioPy/PFSSPyviaGizmodoUS本日の宇宙天気は静穏な太陽活動が予想されるでしょう。地球天気予報が晴れマークだとうれしい反面、宇宙天気予報は太陽の悪影響を受けることがあります。
56,621 回
2 ヶ月前
Image:EPFL/YouTube虫型ロボをハエ叩きで退治!?スイス連邦工科大学ローザンヌ校が、超軽量の虫型ロボット「DEAnsect」を開発しています。これらは、柔軟性のある人工筋肉で作られており、3cm/秒で進むことができます。ですが特筆すべきはその強靭さ!ハエ叩きでバシバシ叩かれても壊れないのです。
35,391 回
1 ヶ月前
Stein et al., Current Biology, 2019 地球におい茂る木は3兆本を超えると言われており、その数は天の川の星々ですら凌駕する。
30,994 回
1 ヶ月前
新着コメント一覧