映画「ズートピア」をもっと人間寄りに擬人化したら、ナチュリストクラブのシーンが危険すぎた

擬人化された動物たちが共に暮らす大都会を描いた映画「ズートピア」を、さらに人間寄りに擬人化したアニメーション。耳や尻尾がある以外はほぼ人間と同じというところまで擬人化した状態で、「動物は自然が一番」という信条に従い、裸で過ごす動物たちが集まるナチュラリストクラブのシーンはあまりにも危険すぎた。フィリピンのアニメクリエーター、マイク・アイネルさんの作品。人間寄り擬人化したフラッシュのシーンも見てみた

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 4,077,119 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-11-26 09:47
  • ブログの投稿日時 : 2018-12-04 14:30
  • 評価 : 98 %
  • 再生回数/時 : 12153

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧