大小2つの六角ナットを使い、美しい指輪を作る職人さんが凄い

ジュエリー製作歴20年の職人、パブロ・シーマデビーリャ(Pablo Cimadevila)さんが、大小2つの真鍮製六角ナットを加工して作ったダイヤの指輪。大きいナットを指輪に、小さいナットをダイヤモンドの台座として加工し、出来上がった作品はナットだったものとは思えないほどの美しさ。もちろん、プラチナやホワイトゴールドを使っても、同じデザインで指輪を作れるとのこと。ちょいちょい出てくるパブロさんのイ

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 42,508,659 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-01-13 10:50
  • ブログの投稿日時 : 2019-01-15 23:17
  • 評価 : 98 %
  • 再生回数/時 : 21511

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧