拳銃内部で銃弾がチェーン状に連なった、1879年製の40連発拳銃

アンリ・ゲノとポラン・ゲイ、2人のフランス人ガンスミスが1879年に製作した、40連射できる拳銃「ガイコット・チェーン・ピストル(The Guycot chain pistol)」。6.5ミリの銃弾には薬莢がなく、くり抜かれた底部に直接ガンパウダーと雷管が埋め込まれている。その銃弾が拳銃内の空間に連なり、トリガーを引くたびチェーンが回転して、次弾が発射可能な位置へと移動する。実用には向かなかったに

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 793,113 回
  • 動画の投稿日時 : 2016-12-19 12:00
  • ブログの投稿日時 : 2019-02-14 23:07
  • 評価 : 99 %
  • 再生回数/時 : 39

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧