被写体の周囲でカメラをブン回しつつスロー撮影した、ゆっくり回るアート映像

被写体が乗ったテーブルの周囲をカメラが高速回転する装置を使い、回転スロー撮影したアート映像。液体に落ちるガラス玉が生み出す水しぶきや、水中の花の中からひろがるインクなどの形を、より立体的にスロー観察できるのは面白い。映画「マトリックス」でおなじみのバレットタイム撮影を、もっと簡単に可能にした感じ。【関連】炎の形が立体的によく分かる、50台のカメラでバレットタイム撮影した火吹き影像剣先にカメラを設置

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 4,084,393 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-03-29 19:58
  • ブログの投稿日時 : 2019-04-28 23:27
  • 評価 : 99 %
  • 再生回数/時 : 2891

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 非公式だよね?ね?