透明なバリアで守られているみたい。銅のかたまりにネオジム磁石がぶつかる寸前、動きを止める不思議な物理実験

銅に磁石はくっつかないけれど、傾けた銅板の上に強力なネオジム磁石を乗せると、磁石は吸い付いたようにゆっくりと滑り落ちていく。振り子でぶつけた磁石も、上から落とした磁石も、まるで見えないバリアに阻まれたかのように動きが止まり、またゆっくりとくっついていく。これはファラデーの電磁誘導の法則を用いた実験映像。物理的には当たり前の反応が、フィクションの世界の出来事のようで面白い。【関連】ネオジム磁石が銅パ

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 4,743,530 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-01-26 12:45
  • ブログの投稿日時 : 2019-05-06 20:04
  • 評価 : 98 %
  • 再生回数/時 : 406

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 非公式だよね?ね?