両手を伸ばしてゴールに向かってダイブ!スーパーマンと化して勝利を収めた陸上選手

2019年SEC陸上競技大会にて、400メートルハードルに出場したテキサスA&M大学のインフィナイト・タッカー選手。チームメイトのロバート・グラント選手と首位を競い合ってのゴール間際、タッカー選手は両手を前に突き出し、スーパーマンのように飛び込む形のゴールインで見事1位を獲得。そのまま走り抜けるよりもタイムが速くなるのであれば、着地の方法を改善しつつ、こういうゴールの仕方が主流になっていく事もあり

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 456,513 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-05-12 00:52
  • ブログの投稿日時 : 2019-05-14 20:15
  • 評価 : 97 %
  • 再生回数/時 : 275

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧