トランプ大統領が北朝鮮に足を踏み入れた最初のアメリカ大統領に!軍事境界線を超える歴史的瞬間!

韓国を訪問しているアメリカ大統領のトランプ氏は、北朝鮮の金正恩委員長と電撃的に首脳会談をしました。このことでトランプ氏は北朝鮮に足を踏み入れた最初のアメリカ大統領となりました。「その線(国境)をまたぐことは、非常に名誉なことでした」とトランプ氏。「それは非常に勇敢で決心した行為です」と、金委員長は翻訳者を通して言いました。これを機に平和な世界への足掛けとなれば嬉しいです。下はニュース映像。 無事閉幕したG20大阪サミット。G20の首脳パートナーたちの集合写真撮影の様子が話題になっています。動画には「世界最強のママ友の会」「平和な光景で素晴らしい」「微笑ましい」「男女平等と言っても現実は、旦那さん1人か。世界のリーダーも半々くらいになるときは、来るのかね。」など様々なコメントが寄せられています。なんだかとても微笑ましい光景です^^ トルコでの出来事が話題になっています。アパートの2階から落ちそうになっていたな2歳のドーハちゃんを下から見上げるのは、17歳のザバットさん。イスタンブールのフェイス地区にある彼女の家の窓から落ちようとしていることに気付き、助けました。動画には「彼はヒーローです!」「私は震えている!ありがとう!彼に幸あれ」「正しい場所に正しい人。私は今幸せです。」などのコメントが寄せられています。冷静な行動がかっこいいです^^ 5分あたりからどうぞ。ユーチューブで人気の柴犬の小春ちゃんに久々の「早食い防止皿」でご飯をあげたときの反応が可愛いと話題になっています。ご飯をもらった小春ちゃんは、聞いたことの無いような悲しい声を上げます。しかし、「よし!」の掛け声とともに食べ始めると、思ったより自然に、苦労なく食べ始めました^^動画には「小春:何なのこれー!」「嫁と喧嘩して全く一緒のこの皿でカレー出された事を思い出した」「我が家でもこの皿使ってたら、ある日からひっくり返して食べるようになった。賢い」などのコメントが寄せられています。筆者の実家でもこのお皿を使っていますが、慣れると「ひっくり返す」というチートを覚えてしまうのが難点です^^; 車通りの激しい通りで、おばあさんの家から脱走して呼んでも戻ってこない子犬。しかし、偶然居合わせたライダーが呼ぶとすぐにやって来て無事に捕獲されました。動画には「お婆さんも子犬も無事で良かった」「元気いっぱいだね」「心優しく、勇気ある素晴らしい行動ですね」などのコメントが寄せられています。家族の言うことはなかなか聞きませんが、知らない人だと興味を持って近づいてくるのかもしれませんね。それにしても、わざわざバイクから降りてのライダーたちの対応は素晴らしいです。事故に合わなくて本当に良かったです^^ Steller sea lion patiently waiting for breakfast at Mar del Plata port in Argentina.T David Caranganさんの投稿 2019年4月12日金曜日動画が見られない方はこちらからどうぞ。アルゼンチンの魚市場で撮影された動画が話題になっています。動画には巨大なアシカが魚をもらいにやって来た様子が映し出されています^^動画には職員さんが魚をくれるまで辛抱強く待つ姿が映し出されています。職員さんも慣れている様子から、いつもの光景なのでしょうね。動画には「大きな子!」「よく食べるね!」「とても可愛い子だ」「美しい」などのコメントが寄せられています。 朝から衝撃をありがとう。心臓に悪い、 pic.twitter.com/fDlOGiumD6— LIWJATAN (@keita_simpson) 2019年6月20日まるで小さなゴリラのような生物が目撃され話題になっています。こちら、実はただのカラスなのですが、どんな態勢をしているのかいまいち分かりません。すると、Twitter上には様々な返信が寄せられ、予想図が集まってきました。その中には海外の人からの投稿も。I draw the picture. Because your video is so funny. He looks like standing with his four legs. pic.twitter.com/PSx206YREO— ᴅᴀɴɪ (@Fiorevento) 2019年6月22日自分を納得させるために絵を描いてみたけど合ってますかね pic.twitter.com/af5uYEUrGW— 消滅 (@_S4M2) 2019年6月22日pic.twitter.com/VArTayBkeJ— ふり (@fry__18) 2019年6月22日これかと思いました pic.twitter.com/a7FWFlOVyk— ブルーたす@SCPアカ (@SCP30868016) 2019年6月22日拡大したら爪ありました pic.twitter.com/6lIKD2MCPv— 懐古P 電脳MAVO連載中 (@wiwaxia_m) 2019年6月22日こういう態勢ぽいです。(勝手に画像加工してしまいました) pic.twitter.com/vufVljOmc3— ねなし@イラストの仕事します (@a_ne74) 2019年6月22日pic.twitter.com/Houj9MNhjD— ✎りゅう✐ (@Nbrnsk) 2019年6月22日遂に出てきてしまったか… pic.twitter.com/hOnQOS4DhD— 市民R (@nrc__0101) 2019年6月22日ゴラスって本当にいたんだ pic.twitter.com/4CFQK4I3BE— WACASA rumi (@wrkiD8YiNiqMNtJ) 2019年6月22日多くの人が色々描いてくれましたが、それでもいまいちどういうことになっているのか分からないのですが。。もしかして、新しい生物「ゴラス」だったのでしょうか。。 絵筆を使って猫のようなリアルな絵を書いているなぁと思って見ていたら、実はこれ本物の猫。紙から頭だけ出して筆で撫でられているだけでした笑動画には「なんてふわふわな猫なんだ」「最初の2秒間は、”すごい!アートは本当に進歩している”と思いました」「これは超超現実主義的な芸術です。本物のように見えるだけでなく、本物のようにも動きます。よくやった!」などのコメントが寄せられています。猫が逃げようとしないところを見ると、猫も結構気持ち良いのでしょうね^^ アメリカ・フロリダ州で撮影された動画が話題になっています。車をトラックに固定していなかった整備士さん。荷台の車がスルスルと落ちてしまいます。気づいた整備士さんは急いで車を止めに向かいます。すると、今度はトラックの方がひとりでに前に進み始めてしまいました。トラックのパーキングブレーキをかけ忘れていたのです。動画を見る限り、なんとか前方の車にぶつからずに済んだようですが。。焦って行動すると良くないですね。。 「バブリーダンス」の登美丘高校ダンス部と、京都明徳高校マーチングバンド部がアラジンの劇中曲「フレンド・ライク・ミー」で共演した動画が公開され話題になっています。相変わらず、見ているだけで元気になれる楽しいパフォーマンスが最高です^^ 50秒あたりからどうぞ。信号が青になったにも関わらず、発車しない軽自動車。すると、おばあさんが車から降りてきて、「D(ドライブ)」に入れられなくなってしまったと助けを求めてきました。動画投稿者の男性が様子を見に行き運転席に座ってみると、すぐにドライブに入れることができました。そしておばあさんに運転を代わってみると、、なんとドライブに入れることが出来ません。1分50秒あたりで分かったのは、実はこのおばあさん、ブレーキとアクセルを間違っており、そのためドライブに入れることができなかったのです。おばあさんは「ブレーキを踏んでるつもりがアクセル踏んでたんだ!」と自分でも驚きの様子。動画には「この人運転しちゃあいけないな。。」「これが現実か」「笑ってる場合じゃない」などのコメントが寄せられています。流石にこれはアカン。。 中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、改正に反対する香港市民と、鎮圧しようとする公安警察の間で混乱が広がっている香港。2019年6月21日22時過ぎ、「共同通信」が香港政府が廃案受け入れを表明したというニュースを日本国内向けに配信、Yahooニュースにも掲載されると大きく拡散され、Twitterのトレンドは香港の話題で埋め尽くされました。・元記事→香港政府、廃案受け入れを表明【共同通信 / Yahooニュース】この記事を見た日本人からは「おめでとう!」「政治は変えられる!民主主義はこれだ!」など喜びのコメントが多く寄せられ、記事は拡散されていきました。しかし、徐々に雲行きが怪しくなっていきます。この記事を見た香港人や香港に住む日本人から「そんなニュースは知らない」とコメントがTwitterに投稿され始めたのです。この記事はどういうことって知らないが、香港には本当にそんなニュース全くないよ!!!政府は何も言っていないよ!!!(地元の香港人ですhttps://t.co/IPnpCcn1fI— 文香港加油 (@AyaQ39) 2019年6月21日これは誤報です!!まだ廃案してません!香港現地そのニュースありません!まだデモは続いています!— AKA+ (@rakuka) 2019年6月21日AFPやBBCなど海外で全く報道されていないんだけど誤報では…?香港政府、廃案受け入れを表明(共同通信) - Y!ニュース https://t.co/NwMV1qNA2k #Yahooニュースアプリ— Sukuna (@SukunaBikona7) 2019年6月21日廃案受け入れのタイトルは間違いで、まず香港政府の声明は抗議行動によって様々な業務に支障が出ていてその中でも逃亡犯条例の改正作業は完全に停止したって述べてるね。そして来年7月に法案が自動的に失効するんだけど、政府はその事実を受け入れるって言っただけなのでどうなるかは分からない— ryu. (@moon_nightnight) 2019年6月21日来年の夏に現在の立法会議員の任期が切れます。その時までに、可決されなければ自動的に草案が失効になります。でも、まだ廃案にはなっていません。一年もの間に何が起こるかわからないです。誤解してしまうような報道はやめていただきたいです。https://t.co/jt68GRWVFN— 周庭 Agnes Chow Ting (@chowtingagnes) 2019年6月21日現地メディアを確認したのですが廃案ということは確認できないです。政府発表は「来年7月に会期が終わったら自動的に失効するからデモはやめて」というような内容のもののはずです。「廃案か延期か」を争う中で「廃案受け入れ」は誤報ではないでしょうか。— チャイシー(重箱の隅) (@ChicyKwok) 2019年6月21日pic.twitter.com/Nlb6pXMurH— ®️ (@sophia__bloom) 2019年6月21日こちらは香港人です。廃案=再開可能、ただの先延ばし撤回=完全廃止、再開不可能未だに政府から撤回すると明言されてませんまだ勝利ではありません。— マイキ (@maiki_king) 2019年6月21日共同通信の記事は現地の状況をよく分かっていない日本人にとって、あたかも法案が「完全撤回」されたと誤解してしまうものだったのです。・法案の改正作業は一時停止で、再開しようと思えばできる。・2020年7月に法案が自動的に失効するので、もしそうなったら政府はその事実(法案失効)を受け入れる。というのが香港政府が発表した原文の内容です。https://t.co/9MOnWXdd2s世界は目を離してはいけないですね。— やかもこ (@cherrypeach619) 2019年6月21日多くの人が勘違いしてしまった今回の報道。共同通信、または記者に中国政府に対する忖度があったのではと考えられてしまっても無理がありません。怖いのは、共同通信の記事によって私たちが香港への興味を無くしてしまうことではないでしょうか。6月24日には、中国はG20で香港のデモを「議論することは許さない」と牽制。「逃亡犯条例は必要」だと強調しています。中国のこの反応を見ると、まだ何も解決していないことがよく分かります。26日には、再びデモが行われます。 迷子犬でしょうか、交通量の多い道路にやって来てしまった一匹の犬。それを見かねた動画投稿者のドライバーさんは、車を降りて犬の救出に向かいます。他の車も停車してくれたおかげで、すぐに犬は動画投稿者さんに捕まえられました。動画投稿者さんは犬を安全な場所まで連れて行き、警察に通報したということです。動画には「こういう人ばかりなら良いなぁ」「対向車の白い車もお兄さんが戻るまで待ってあげる優しさ」「優しい方ですね」などのコメントが寄せられています。 トルコ・スタンブールの薬局で撮影された動画が話題になっています。薬局で働いていた薬剤師のBanu Cengizさんは、野良犬が薬局に入ってきた時、「食べ物が欲しいのかな」と思ったといいます。Banuさんは食器にエサを置いて与えようとしたのですが、犬は食べようとせず、「お手」のような行動をしてきます。よく見ると、犬は手に傷があったのです。下はBanuさんが手当てをしている様子。Senin o kimden yardım isteyeceğini bilen aklına,güzelliğine,usluluğuna kurban olurum.patisi kanamış,eczaneye girip patisini uzattı,yarasını gösterdi bana. pic.twitter.com/MUYE9yFM6j— Badores (@badores) 2019年6月20日Banuさんはこの野良犬の傷を消毒剤できれいにし、抗生物質を与えました。手当てしてもらっている間、この犬はBanuさんの善意を理解しているようで、患者のようにお利口にしていたといいます。Banuさんは言います。「手当てが終わったとき、彼女は私に感謝するかのように横になりました。それは”私はあなたを信頼しています”と伝えるようでした」。Banuさんはさらに続けます。私たちは助けを必要とする人々(や動物)を助ける必要があります。人々は子供たちに動物や自然を愛し尊敬するように教えるべきです。そうすれば私たち全員が美しい世界で一緒に暮らすことができるようになるのです。」 会社に戻ってる時に阪神高速、湾岸線(南港)でポリバスに幅寄せくらいました。完全に見てないよね、3車線あって1番右から自分の運転するトラックの方に寄って来ました。これは危険運転ですよね。#ポリバス危険運転#南港#阪神高速#湾岸線 pic.twitter.com/9wy0hkpkh0— ゆーま@ゆきおスペシャル (@manatsu_yuihan) 2019年6月24日ドラレコの画面を写したディスプレイをスマホで再撮影した動画です。こちらの阪神高速・湾岸線で撮影された動画が物議を醸しています。動画には、警察の車両が幅寄せをしてきて危険なことになってしまう様子が映し出されています。動画には「そもそも二車線跨ぎの車線変更は違反。安全を確認しながら一車線ずつ車線変更するのが正しい」「萩原流行さんの件を思い出す」「バスのミラーの死角では?」などのコメントが寄せられています。ワザとだとは思いたくはありませんが。。自分のせいにされてもみ消されないためにも、ドライブレコーダーは大事ですね。。 前方からサイレンを鳴らしてやってきた救急車。すると、同じタイミングで女性が横断歩道を渡ろうとしてきます。立ち止まって救急車を先に行かせるのかと思いきや、我先にと救急車の前を横断します。道路交通法では救急車よりも歩行者が優先されますが、緊急自動車の妨害を行った場合は道路交通法ではなく、公務執行妨害で逮捕される場合があります。そもそも、この女性は横断歩道を通らないで斜め横断していますが。。何にせよ、緊急車両に道を譲るのは最低限のモラルのように思います。 様々なものがワイヤレス接続になっている現代。しかし、まだ電源についてはコンセントから給電する機器がほとんどを占めています。この度、東京大学などのチームは、部屋のどこにいてもスマホやパソコンなどの充電ができる部屋を作ることに成功しました。成功したのは3メートル四方の部屋で、金属板の壁や床によって部屋の中に磁場を作ることで、機器が充電できるようになるといいます。もちろん人体への影響もないということです。ほんの数十年前まで線のない携帯電話は夢の製品でしたが、将来は「コンセントって何?」という時代が来るのかもしれませんね^^ 香港で撮影された動画。この猫の名前はミスターゴールド。10歳の猫で、とても眠るのが好きだといいます。彼は寝るたびにいびきをかきます。ある日、飼い主さんが寝室で働いている時に、ミスターゴールドが近くで寝ていました。彼のいびきにとても気を散らされた飼い主さんは、仕事に集中することができませんでした。飼い主さんは猫のいびきが面白かったので、マイクを使って彼にいたずらすることにしました。そして撮影されたのがこの動画。エコーでいびきが部屋中に響き渡ります笑動画には「エコーかけるな笑」「今日、私は嫌な出来事があったが今は幸せです。素晴らしい動画をありがとう」「あまりにも愛らしい!」などのコメントが寄せられています。 オーディション番組に出演した二人の少女。歌い始めたのはレディオヘッドの名曲「クリープ(Creep)」。演奏が始まった途端、鳥肌モノの歌声に審査員たちもすぐにボタンを押し演奏に聞き入っています。演奏しているのは、姉妹のMimiさんとJosiさん。会場は一瞬で二人のものになります。動画には「泣いた。これはとても美しい」「何度もこの動画を繰り返して見ているよ」「伝説のデュオだ」「何度見ても飽きない」など絶賛のコメントが寄せられています。あまりに素晴らしい歌唱力に鳥肌が立ちます。 大好きなブリーダーさんが家にやってきた時の超大型犬グレート・ピレニーズたちの様子を撮影した動画が人気になっています。その甘えっぷりは、大きな子供のよう。動画には「デカ過ぎる甘えん坊!」「これは、ブリーダーさんが商品としでなく愛を持って育てた証ですね。」「こんなんサムネ見た時点で高評価ですよ」「可愛すぎる!」などのコメントが寄せられています。こんな大きな子に甘えられたいです^^

「 9ポスト 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 1,005,981 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-06-30 06:57
  • ブログの投稿日時 : 2019-06-30 18:00
  • 評価 : 93 %
  • 再生回数/時 : 1727

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 相当病んでるな。気持ち悪い