ダイバーに助けを求め近づいてきたマンタ。ダイバーは何度も潜り釣り針を取ってあげた。

オーストラリアの海での出来事が話題になっています。海で潜っていたダイバーに近づいてきた体長3メートルのマンタ。するとマンタはお腹を見せてきました。よく見ると、そこには釣り針が刺さっていました。ダイバーは何度も潜りたくさんの釣り針を外してあげました。その間マンタはその場に滞在し、ダイバーたちから逃げようとはしませんでした。ダイバーは語ります「なぜなら彼らが釣り針を外してくれるだろうと信頼していたからだと思います。」と。この体験は今まで海の中で見た中で、最も素晴らしい出来事のうちの一つだったといいます。 縦列駐車…⁇ pic.twitter.com/0GTBYyUuER— 本庄の馬 (@cell8008) 2019年7月16日スゴすぎる方法で縦列駐車をする人たちの動画が話題になっています。おもむろに車内から出てきたドライバー。すると、車を持ち上げてぴったりと縦列駐車させてしまいました(汗動画には「ホントの馬力ですね笑」「持ち上げ駐車」「スッゲー!」などのコメントが寄せられています。縦列駐車が苦手だけど、筋肉はあるという人にはある意味最高の駐車方法かもしれませんね^^ 真似しようと思ってもできませんが^^; アメリカ・ニュージャージー州のお宅の防犯カメラで撮影された動画が話題になっています。裏庭にやってきた一頭の大きな熊。二本足で立って鳥のエサ箱を漁っています。すると、それに気づいた犬が猛スピードで駆け寄ってきて、熊に体当たり!その気迫に驚いた熊は走って逃げ去って行きました。動画には「勇敢な犬!」「アメリカグマは彼らが追い詰められていると感じない限り、本当に非攻撃的です」「熊はここが自分の領土ではないことを知っていたから反撃せず退散したんだね」などのコメントが寄せられています。それでも、これほど体格差のある相手にひるむことなく突っ込んでいく犬の勇気は素晴らしいです。 こちらは捨てられたペットに新しい家族を紹介している動物救助団体「Animal Rescue & Adoption Center」が投稿した動画。首に輪を付けられたまま捨てられ、そのまま成長してしまった子犬。誰もがこの子犬は助からないと思ったといいます。しかし救助された子犬はその後奇跡的に回復し、他の仲間たちと元気に走り回るまでに回復しました。その姿からは以前の様子が嘘のように思えてしまいます。動画には「一部の人間は悪魔のようだ」「助けてくれてありがとう」「この美しい犬を救ってくれてありがとう」などのコメントが寄せられています。助かって本当に良かったです。 この投稿をInstagramで見るYou Should See Thisさん(@this.experiments)がシェアした投稿 – 2018年12月月22日午前5時01分PSTこちらは油圧プレスで100トンの力をガラスに加えてみた実験動画。力が加わるとガラスに亀裂が入り、最後は粉々に砕け散ってしまいました。砕け散ったガラスはまるでカキ氷のように細かくなってしまっています。動画には「満足!」「かたずけが大変そう」「凄い!」などのコメントが寄せられています。硬いガラスは、限界点を超えると曲がることなくこのような壊れ方をするのですね。しかし、ここまで細かくなってしまうとは予想外でした。 東アフリカ・ケニアのジャングルの奥深くでスタックしてしまったバスを救助するスバル車の動画。人々は「スバルありがとう!」と最高の方法で感謝を伝えます。動画には「1:12スバルやるぅ〜!1:10スバルだからできたんだ!」「スバルのCMでこの動画を流せば良いね」「スバルと連呼している様が全てを物語っている。同じスバル乗りとして誇らしい」「スバル神になる」などのコメントが寄せられています。バスを引き抜くスバル車の性能も素晴らしいですが、ここまでスバル車が絶賛されているのが日本人として嬉しいです。 赤ちゃんに尻尾を噛まれてしまった猫。びっくりした表情をしますが、怒るのかと思いきや、優しい目で赤ちゃんのことを見守り続けています。最後は赤ちゃんが顔を触ろうとすると甘噛みで許してくれました^^動画には「怒らなくてエライ!」「赤ちゃんを見守っているんだね」「猫も甘噛みするんだね!」などのコメントが寄せられています。猫もか弱い赤ちゃんのやることだと分かっているのでしょうか。赤ちゃんに歯がないので痛くなかったのかもしれませんね^^ 三重県の「鳥羽水族館」のセイウチのクゥちゃんの動画。飼育員さんに「かめはめ波」をやられた結果、そのまま後ろにゴロンとひっくり返ってしまいます笑日頃からの信頼関係があってこそ為せる技なのでしょう^^ アメリカ・マサチューセッツ州の海で撮影された動画。船に近づいてくる背ビレ。船のすぐそばまで接近すると、それはとても大きなサメでした。こちらはウバザメ。体長は8メートルにもなるといいます。動画には「美しい」「モンスターだね!」「潜水艦のようだ」などのコメントが寄せられています。動画からは何メートルなのか正確な大きさはわかりませんが、かなりのサイズに見えます。 アメリカ・カリフォルニア州で撮影された動画。釣ったブラックバスを放流する前に、ザリガニを与える様子が映し出されています。ブラックバスは大きな口と顎で獲物を捕まえ、内側のノコギリのような歯で咀嚼し食べます。動画には「すごかった!」「美味しかったよ!」「これは凄いね!」などのコメントが寄せられています。私もブラックバス釣りをしますが、こんなに奥の位置で咀嚼するとは思いませんでした。 【若者よ、選挙に行くな】若い人たちへ。これでも、あなたは 選挙に行きませんか。7月21日は参議院選挙です。#若者よ選挙に行くな https://t.co/nFs9ieiEqm pic.twitter.com/AzgDPbJpL6— たかまつなな/お笑いジャーナリスト (@nanatakamatsu) 2019年7月12日先日9ポストで紹介した「若者よ、選挙に行かないで」の動画の日本版が登場し話題になっています。動画を投稿したのは、お笑いジャーナリストのたかまつななさん。動画は選挙に行かない人を皮肉った内容で、選挙に行かないと行った人の意見ばかりが反映された政治になってしまうことをわかりやすく伝えています。動画には「絶対選挙行かなきゃと思った」などの意見とともに、「世代間の対立を煽りすぎている」などのコメントも寄せられています。めちゃ煽ってくるやんこんなん見たら絶対に投票行ってやるって思うわ…特に10代20代30代は絶対に行かないとね…自分達の将来は自分達で選択しないとTwitterでギャーギャー言うてるだけじゃ勝負に負けたと同じやわな何一つ文句言えんで〜一からやり直し*。*。ヤッタ- (@dqdqx_2534) 2019年7月13日お年寄りを悪に見立てて、若者に投票を促すなんて、本当に悲しいことです。この動画に自信を持っているのならば親、祖父母と一緒に見てください。きっと多くのお世話になった年長者の方は悲しい気持ちになるはずです。政治は心、ひとりひとりの繋がり。対立ではない。私はそう思います。(@onehoumu) 2019年7月12日こうしたビデオを流してまで、若者に投票を呼びかける努力は評価するが、世代間の分断を煽る論調が露骨過ぎるのが好きではない。このビデオを見るだけで結局投票に行かない若者には、高齢者世代に対する敵対感情だけが残ってしまう。— 波頭亮 (@ryohatoh) 2019年7月13日 悪の組織ごっこ pic.twitter.com/e2APd1GxLH— ムギタロー ポエトリーラップ東大生 (@mugitaro_comics) 2019年7月14日ユーチューバーとして活動するムギタローさんの動画が話題になっています。動画には、ブクブクと水中から登場した「悪の組織」の幹部たちが一斉にプールサイドに並ぶ様子が映し出されています。動画には「かっこいい!」「楽しそう」「すげー!」実はこちらの動画は逆再生したもの。それでもこの態勢のまま飛び込むのも凄いです。下はもう一つの動画。一人ずつ幹部が並んでいく様子が映し出されています。発想が素晴らしいです!悪の組織の幹部ごっこ pic.twitter.com/SAOVopiotU— ムギタロー ポエトリーラップ東大生 (@mugitaro_comics) 2019年7月14日 こちらは阪神高速3号神戸線で撮影された動画。覆面パトカーを追い越して煽り運転をしていたドライバーが、そのまま覆面パトカーに連れて行かれてしまい話題になっています。動画には後方でパッシングして煽り運転する黒い車が、そのまま覆面パトカーに追跡される様子が映し出されています。動画には「因果応報」「煽り運転はどんどん取り締まって欲しい」などのコメントが寄せられています。悪質な煽り運転をするドライバーからは免許をどんどん取り上げてしまって欲しいです。。 印刷中のプリンターを見た猫たちの反応が可愛いと話題です。「ガッガッガッ」と印刷されてくる様子を興味深そうに見る猫さんたち。しかし、印刷の凄まじい音に、紙が少しずつ送られるたびにビクッビクッとジャンプします。動画には「ははは!これはいいね!」「ダンスしているみたい!」などのコメントが寄せられています。そんなにビクビクするなら見なければ良いのに。。猫は好奇心が強い生き物ですね^^ アメリカ・アラスカ州アンカレッジで撮影された動画が話題になっています。アラスカ州は今記録的な熱波に見舞われています。そして、誰もが涼しく過ごしたいと願っています。それは野生動物も一緒。ある日庭を見ると、そこには巨大なヘラジカがスプリンクラーに当たりに来ていました。動画には「なんて壮大な生き物だ」「面白いね!」「冷房の効いた部屋に入れてあげたら良かったのに」などのコメントが寄せられています。こんな巨大な動物が突然庭にいたらびっくりです。一日中見ていられるなぁ。 こちらは、カナダのシャーブルック大学の学生が開発した砂浜の掃除機「Hoola One」。砂浜のマイクロプラスティックを掃除することができます。「Hoola One」は砂ごと全部吸い上げ、内部で水に沈む砂と水に浮くプラスチックを選り分ける機能があります。プロトタイプの実験が行われたのは、「世界で最も汚染された砂浜」と言われるハワイのカミロビーチ。潮流のせいで、たくさんのゴミが浜辺に流れ着きます。プラスチックは海に再び入り込み、それを食物と間違えてしまう海洋生物を危険にさらす可能性があります。そのため、砂浜の清掃が必要なのです。下はカミロビーチでの実験動画。 アメリカ・コロラド州で撮影された動画が話題になっています。山道を走行していた動画投稿者さん。すると、前方の車が速度を緩め停車ます。「一体何事?」と思っていると、トイレから男性が飛び出て来ます。次の瞬間前方の車の陰から崖の下に落ちて行く一台の車が見えます。男性は車を追いかけて行きますが、もうどうすることも出来ません。車はそのまま崖の下に落ちていってしまいました。パーキングブレーキを忘れるなんて、とても急いでトイレに行ったのかもしれませんね。。幸いけが人などはいませんでしたが、落ちた車の所有者の男性はとてもショックだったことは間違い無いでしょう^^; こちらは和歌山県の「アドベンチャーワールド」で撮影された赤ちゃんパンダの動画。飼育員さんと遊びたいパンダの赤ちゃんと掃除をしたい飼育員さんのせめぎ合いが映し出されています。掃除の邪魔なので飼育員さんが何度も赤ちゃんパンダを遊具の上に連れて行くのですが、赤ちゃんパンダはすぐに下に降りて来て、飼育員さんに絡もうとします。動画には「可愛い!」「平和すぎる世界」「なぜこんなにかわいいのか」などのコメントが寄せられています。可愛すぎて本当に癒されます^^ ビンタされた音を使って曲を作りましたhttps://t.co/L2P29dMEl6 pic.twitter.com/Wv2bp8YE50— 中島雄士 (@YushiNakajima) 2019年7月13日ミュージシャンの中島雄士さんがTwitterに投稿した動画が話題になっています。ビンタされた音を使って作った曲なのですが、そのクオリティが高すぎると大反響になっています。楽曲を製作した本人もまさかここまで反響が大きいとは思わなかったとのこと。動画には「まーた天才がなんかやってるよ」「普通にかっこいい」「天才はここにいたのか」など、クオリティの高さに絶賛のコメントが寄せられています。ただのビンタの音からここまで広げられてしまうとは、発想が素晴らしいです^^ 猫用フェンス買いました‼︎ pic.twitter.com/KLDLqHAOtU— tsukako (@tsukako12201) 2019年7月12日Twitterにtsukakoさんが投稿した動画が話題になっています。猫用のフェンスを購入し、設置した飼い主のtsukakoさん。しかし、次の瞬間あまりにも簡単にフェンスを通り抜けられてしまってポカーンとしてしまいます。猫も意味が分かっておらずポカーンとした表情。追い討ちをかけるように、また軽々とフェンスを越えて戻って行きました^^;この子猫が大きくなったらどうなるのでしょう。それでも猫ならこのくらいの隙間は通れてしまいそうですが^^;動画には「これは、人間が通り抜けられないための「さく」です。 なぜなら、猫がご主人なので」「ドヤ顔が可愛い」「癒される」などのコメントが寄せられています。

「 9ポスト 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 25,960 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-07-15 19:09
  • ブログの投稿日時 : 2019-07-17 16:13
  • 評価 : 95 %
  • 再生回数/時 : 31

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • 相当病んでるな。気持ち悪い