MITが開発した、曲がりくねった血管内をすすむ糸状のロボット

マサチューセッツ工科大学のエンジニアが開発している、外部から磁気で操作できる糸状のロボット。脳内の複雑な血管内を進むことができ、既存の血管内技術と組み合わせることで、動脈瘤や閉塞などの迅速な治療が可能に。ロボットの芯はニッケルとチタンの合金、ニチノールで、磁性粒子を含むゴムやインクで全体をコーティングしている。血管の構造を立体的に取得して3Dマップを作って、患部を指定すれば糸状ロボットが自動的に進

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 353,285 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-08-28 18:38
  • ブログの投稿日時 : 2019-08-31 22:27
  • 評価 : 98 %
  • 再生回数/時 : 769

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧