猫と一緒にスマホ画面を見ながら「猫顔アプリ」をやった時の猫の反応が可愛すぎると世界中で話題に!

猫と一緒にスマホの画面を見ながら猫の顔になるフィルターのアプリをやった時の猫の反応が可愛すぎると世界中で話題になっています。動画には、驚いた猫が何度もスマホ画面と本物を見比べる様子が映し出されています。動画には「うちの猫はスマホの画面すら見ない!」「これは猫が自己認識していることを意味します!これには科学界で真剣な議論が必要です。」「←私もこういう反応をすることにショックを受けました!科学者は調査する必要があります」「彼らはとても賢い!」などのコメントが寄せられています。スマホ画面と本物を見比べるということは、猫も「スマホ画面に自分と飼い主が映っている」という認識があるということでしょうか。その賢さに驚きです。動画にはワンちゃんの反応もありますが、薄すぎる反応でした笑 朝のインシデント、ドラレコ確認したらほんとギリギリ。後続のドライバーさんもちゃんと停まってくれて、事故になんなくてほんとよかった。 https://t.co/uldlhOSlAu pic.twitter.com/t580tskvM7— McQueen95 (@Mcqueen95MR_S) November 17, 2019高齢ドライバーによる「逆走」で危うく命を落としそうになってしまう動画が物議を醸しています。逆走してきたドライバーは、投稿者さんの車がやってくるのが見えなかったのか、そのままUターンしてようとします。投稿者さんはフルブレーキで衝突を回避しました。Uターンするということは、「自分が逆走している」という認識はあったということでしょうか。国土交通省によるデータ分析結果によると、下記のことが分かっています。・逆走事案の約6割は、インターチェンジ、ジャンクションで発生。・75歳以上の割合は、免許保有者の6%であるのに対し、逆走した運転者の45%を占める。グラフで見ると下記のようになります。認知能力の低下などから逆走してしまうと考えられています。しかし、地域によっては車が無いと生活が成り立たない高齢者の方も多く存在します。2025年には65歳以上の人口の全人口に対する比率が30%になると言われている日本。公共交通機関や自動運転カーの導入など様々な対策が今のうちから必要だと思います。 問題とされている箇所は12分からの記者の質問。フィギュアスケートでバンクーバー冬季五輪男子代表だった織田信成さん(32)が関大の女性コーチによるハラスメント行為に対し1,100万円の慰謝料を求め提訴しました。2019年11月18日に行われた記者会見での記者のハラスメントを「その程度でハラスメント?」とでもいいたいような発言が物議を醸しています。下記は動画12分からの記者の質問。記者:資料などを拝見していると、ハラスメントの内容が「無視した」とか「陰口を言われた」とあるんですけれども、普通の感覚でその資料を読むと、それだけのこと?と感じてしまう人もいると思うんですけども、具体的に例えば人格を否定されることを言われたとか決定的な何かがあったんでしょうか?それに対し織田信成さんは織田信成さん:それはあります。ただ具体的なことに関しては裁判で話していきたいなと思います。と答えました。ネットには「話しをするのも辛そうでよほどの事があって、決心して人前に出てるのに!質問する記者が傷つけてどうするよ!」「この記者クビにして!」「この質問をした記者がモラハラ」などのコメントが寄せられています。勇気を出して記者会見に臨んだ傷ついた人に対する言葉ではないように感じます。 ロシアで太い眉毛の野良犬が保護され話題になっています。保護施設のスタッフは初めは誰かのイタズラかと思いましたが、獣医さんに診てもらったところ、眉毛は地毛だったことが判明しました。専門家によると、この犬はハスキー犬を先祖に持つ犬で、眉毛はその名残なのだということ。新しい飼い主となった女性は「私は今までで一番クールな犬の一番幸せな飼い主です。」とコメントしています。つぶらな瞳と大きな耳がとても可愛いです^^ 沢尻エリカ容疑者の逮捕をめぐる、「桜を見る会」の目隠し疑惑についての知識人たちの意見をまとめました。沢尻エリカ容疑者の逮捕をめぐり、そのタイミングが安倍首相の「桜を見る会」を巡る疑惑報道がマスメディアで加熱する中だったことから、目隠しのために沢尻エリカ容疑者が逮捕されたのではないかと知識人たちが投稿し物議を醸しています。下は安倍首相の陰謀だとする有名人の投稿。ラサール石井さん。まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ。— ラサール石井 (@lasar141) November 16, 2019ジャーナリストでインターネット報道メディアIWJ代表の岩上安身さんの投稿。そりゃ、誰がどう見ても、NHKへの圧力です。いつでも、こうしたストックがあって、どんなタイミングでも繰り出せるのだぞ、という恫喝。これが大河始まってのタイミングだったらどうします?と。 https://t.co/7K692TL8J9— 岩上安身 (@iwakamiyasumi) November 16, 2019タレントでコラムニストの松尾貴史さんの投稿。桜から合成麻薬に目を逸らし(安倍の仲間漏)— 松尾貴史「違和感のススメ」 (@Kitsch_Matsuo) November 16, 2019映画評論家の町山智浩さんの投稿。桜を見る会からテレビの関心をそらすために沢尻エリカを逮捕。— 町山智浩 (@TomoMachi) November 16, 2019立教大学大学院特任教授・慶應義塾大学名誉教授の金子勝さんの投稿。【困った時の麻薬逮捕】2016年1月に甘利明の現金授受問題で、2月に清原逮捕。2019年2月に沖縄県民投票で圧倒的多数の辺野古新基地反対で、ピエール瀧が逮捕。「桜を見る会」で窮地にあるアベ内閣。沢尻エリカが合成麻薬MDMAで緊急逮捕。これでワイドショー制圧?だったら、本当に愚かしい国です。— 金子勝 (@masaru_kaneko) November 16, 2019落語家の立川談四楼さんの投稿。「逮捕者リストがあってしかもそれはランク付けされてて、政権に不都合が生じると順次ゴーサインが出るのさ」などと言う人がいて、都市伝説のようなものと思っていたが、近年もしかしたらと変化し、今回の件で確信するに至った。あるんだよリストは。そうでなきゃジャストタイミングが説明つかねえよ。— 立川談四楼 (@Dgoutokuji) November 17, 2019次は陰謀説にすぎないとする有名人の投稿を紹介します。政治評論家の加藤清隆さんの投稿。薬物事犯は長期間内偵し、確実に証拠があると判断した時しか踏み込みません。「桜を見る会」が問題になっているから逮捕、などという器用なことは不可能。なのに金子勝さんという元慶応におられた教授までが「困った時の麻薬逮捕」などと、まるで安倍総理のせいと言わんばかり。本当に大丈夫ですか?— 加藤清隆(政治評論家) (@jda1BekUDve1ccx) November 17, 2019放送作家で小説家の百田尚樹さんの投稿。安倍政権が大衆の目をそらすために、沢尻エリカを逮捕させたと信じている文化人(?)が多数(町山智浩、ラサール石井、松尾貴史など)。映画がドラマの見過ぎで頭の中が妄想が一杯なのだろうが、もうちょっと冷静になれよと言いたい。安倍政権にそんな力があるなら、とっくにあんたらが逮捕されてるよ。— 百田尚樹 (@hyakutanaoki) November 17, 2019日本の評論家で元山口組系組長の猫組長の投稿。薬物容疑による有名人の逮捕など他にもたくさんありますよ。そもそも薬物事犯は、身体からの陽性反応とブツの押収が重要なので政局に合わせられるものではありません。どこの管轄で立件されるか分からないのに、全国の都道府県警察を制御するのも不可能です。 https://t.co/zcCPNzK3Nl— 猫組長 (@nekokumicho) November 16, 2019アルファツイッタラーのキルゴアさんの投稿。ラサール石井さんも、町山智浩さんも、松尾貴史さんも、反アベ政権の為に、自らのこれまでの知性や理性や良心を、悪魔にでも売り渡されたのか。安倍政権のおかしなとこは批判したらええ。くだらん陰謀論は真っ当な批判すら上書きし、まさに本物の問題点から目を逸らさせてしまう。自殺行為やで。— キルゴアさん (@KilkilGoregore) November 16, 2019落語家の志らくさんの投稿。芸能人の薬逮捕が政権の不祥事隠し?百歩譲ってそうだとしてだから何?捕まる奴が悪いだけ。政権からマトリに今困っているから芸能人を逮捕してくれ!と連絡が行くの?クスリでスターを逮捕するにはかなり慎重な捜査が必要。政権に頼まれたから、へい!かしこまりました!と都合よく逮捕出来るの?— 志らく (@shiraku666) November 17, 2019本記事冒頭で紹介した動画のように、ホリエモンこと堀江貴文さんは陰謀論にすぎない理由を解説した動画を公開し、「なるほど」「俺もそう思う」などのコメントが寄せられています。知識人たちの中でもここまで意見が分かれているのを見ると、本当のところはどちらなのかわからなくなってしまいます。 これはまずいんじゃないですかぁ?pic.twitter.com/yOAXl4kibt— キンS (@KingBooHorrible) November 16, 2019Twitterに投稿された動画が物議を醸しています。動画には泣き叫ぶ子供と大声で叫ぶ父親らしき人物の声、そして「ごめんなさいごめんなさい!」と叫ぶ母親らしき人物の声が入っています。動画を投稿した人物によれば、市の相談所の方が通報したということ。今日交番に行ったんですけど自分が行った時には留守だったので市の相談所の方に電話させていただきそこの担当している管轄の警察署に通報させていただく形になりました動画には「自分が言うのもなんですが通報してくださってありがとうございました」「このような音声付の動画はとても貴重な証拠となります」「1分でも早く助けてあげて」などのコメントが寄せられています。 1分45秒あたりからどうぞ(救助は9分40秒あたりから)。樹海を散策していた男性たち。すると、地面に開いた洞窟の奥から犬の鳴き声が聞こえてきます(1分45秒あたり)。中に犬が落ちて出られなくなってしまっていることを確信した男性たちは、犬を救助するための道具を取りにいったん戻り、再び洞窟のところにやってきました(9分40秒あたり)。洞窟の中に入ると、やはりそこには一匹の犬が助けを求めていました。男性たちが犬を引き上げると、犬は「ありがとう」とでも言うかのように男性たちに懐いてきました。餌を与えると、お腹が空いていたのか凄いスピードで平らげてしまいました。その後、この犬の飼い主さんを探し当て、犬が救助されたことを伝えました。飼い主さんによると、この犬の名前はシリーといい、3週間ほど前から行方不明になっていたといいます。無事助かって本当に良かったです。 #香港理工大学 にいるデモ隊が撤退しないと決めました。この映像のインタビュアーが、その理由を聞いてみました。そのインタビューを翻訳いたしました。ぜひご覧ください。そして…みんな、どうかご無事でいてください。#SOSHK#香港デモ pic.twitter.com/vslAgVADYm— 啲咋呼≒デジャヴ雷の呼吸 (@jigi_dejavu) November 17, 2019抗議活動が続く香港で、2019年11月18日朝デモ隊が立て籠もっていた大学敷地内に警察が突入しました。そんな極限状態のデモ隊員にインタビューした動画が話題になっています。インタビューアー:あなたがここで最後まで残って撤退しないと決めた理由は何ですか?デモ隊員:僕たちは死ぬ気で最後まで残るしかない。僕たちはここにいる仲間たちを捨て駒にしてはいけない。僕たちも死ぬほど怖いんだ。泣きたいくらい。でももう選択肢が無いよ。インタビューアー:今警察を逆包囲するためにここに向かってきているデモ隊がいるという情報があります。この話を聞いてどう思いますか?デモ隊員:とても感謝しています。だって僕たちはとても怖いんだ。僕には犯歴がない。十年も服役したくない。暴動とされたくない。本当に怖いよ。最前線に座って泣いたよ。インタビューアー:もしあなたやここにいる全員が警察に捕まったら、何かここにいる仲間に伝えたいことはありますか?外にいる市民に伝えたいことはありますか?デモ隊員:僕が言いたいのは、たとえここにいる私たち全員が逮捕されても、歴史はきっと全てを見届ける。僕たちは光栄であると。たとえ逮捕されても後悔はしません。彼らの無事を祈ります。 抗議活動が続く香港の一部の大学では若者が立てこもって、火炎瓶を投げるなどして、警察とにらみ合いが続いていましたが、警察は18日朝、大学に突入して排除に乗り出しました。https://t.co/rWGTJ8SDEq#nhk_news pic.twitter.com/LZhQBtd78k— NHKニュース (@nhk_news) November 17, 2019抗議活動が続く香港で、2019年11月18日朝デモ隊が立て籠もっていた大学敷地内に警察が突入しました。正門破られたPopo break into polyU Maintenance #HongKong #HongKongPoliceTerrorists #HongKongPoliceTerrorism #PolyU pic.twitter.com/vgoWFTh5OR— Hane (@hane12062525) November 17, 2019戦場のような状態になった大学構内。Poly U entrance in flames as riot police try to storm in #HK #HongKongProtests #StandwithHongKong pic.twitter.com/egcKyS4X5j— James Pomfret (@jamespomfret) November 17, 2019下はデモ隊の男性へのインタビュー。#香港理工大学 にいるデモ隊が撤退しないと決めました。この映像のインタビュアーが、その理由を聞いてみました。そのインタビューを翻訳いたしました。ぜひご覧ください。そして…みんな、どうかご無事でいてください。#SOSHK#香港デモ pic.twitter.com/vslAgVADYm— 啲咋呼≒デジャヴ雷の呼吸 (@jigi_dejavu) November 17, 2019火炎瓶で燃やされる警察の装甲車。Police armoured vehicle was caught fire after being hit by petrol bombs thrown by savage terrorists. @hkpoliceforce Stay safe@RT_com @UN @SkyNewsBreak @TheEconomist @7NewsAustralia @9NewsAUS @dw_chinese @NathanRichHGDW @georgegalloway @leehsienloongpic.twitter.com/tE2l6uw5cc— Goldfinger (@Goldfin11540878) November 17, 2019 カナダのお宅で撮影された動画。大好きな散歩の時間になり、「散歩に行こう!」とテンションMAXで階段を降る犬。しかし勢いよく外に飛び出すと、予想外の雪で、すぐにUターンして戻ってきてしまいました^^; 裸足の犬には雪が冷たすぎたのでしょう。動画には「愛おしい」「面白い!」などのコメントが寄せられています。散歩が大好きなこの犬に靴を買ってあげて欲しいです^^ ニュージーランドでの出来事が話題になっています。テスラ・モデル3でハイウェイを自動運転中、突然前方にカモの親子が横断する姿が視界に入ります。しかし、自動運転のおかげでカモの親子を避けることができました。道路とカモの色も似ているため、人間の目では見えずらく、咄嗟に反応出来るかといえば難しいように思われます。動画には「素晴らしい!」「トラックが同時に他の方向に来る場合、それはどのように機能するんだろう?」「←ただ急ブレーキがかかるんじゃないかな」「ありがとう、イーロン・マスク」などのコメントが寄せられています。何よりも、カモの親子が助かって良かったです。 日本でも人気のあるドッキリ企画ですが、一歩間違えると大変なことになってしまうリスクがあります。そのことがよくわかる動画。1分55秒からどうぞ。鏡を見ていると、鏡の中からお化けが出てきて、さらに自分の横にもお化けが接近しているという恐怖のドッキリの最中の出来事。仕掛けられた男性がびっくりしすぎて、反射的に持っていたペットボトルを仕掛け人に投げてしまいます。ペットボトルは仕掛け人の頭に当たってしまい、ちょっと痛いことに。仕掛けられた男性はすぐさまドッキリだと気付き、「すみませんすみません」と謝りました^^;怖い系のドッキリってこういうリスクがあるから怖いです。。 工事してたきた pic.twitter.com/E2rLY5aBug— たくお (@takuo0209) November 16, 2019近年、店員さんなどに尊大な態度をとるモンスター客が物議を醸しますが、こちらはモンスタードライバーの動画。工事をしていた投稿者さんが撮影した動画が物議を醸しています。動画には、思いっきりクラクションを鳴らし、「いつまで工事やってるんだよ!」と車内から叫ぶドライバーと、「すみません」と謝る交通誘導員さんの姿が映し出されています。動画には「違反行為(警音機乱用)」「警備員や作業員に言っても何も変わらない」「工事現場の警備員って自分たちにとってどんなに大切で大変なんだってことを知らない人」「自分の車が利用してる公道がスムーズに走れるように整備工事なのかもとか想像できないのか」などのコメントが寄せられています。想像力の無い行為が腹立たしい。何もいえない立場の人に尊大な態度を取るのは卑怯です。 動画もどうぞ pic.twitter.com/pI32yNseLY— Jade@11/17 DF G60 (@jad_ko) November 15, 2019日本が誇る画家、葛飾北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を立体化した作品が話題になっています。作ったのはレジン、プラ板、樹脂粘土その他で海洋生物中心に作っているJadeさん。富嶽三十六景 神奈川沖浪裏を立体化しました。#レジン pic.twitter.com/KG3Nukzl4C— Jade@11/17 DF G60 (@jad_ko) November 15, 2019「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」といえば、葛飾北斎を代表する作品。ネットには「量産化して欲しい、マジ欲しい!」「凄い!めっちゃ売れそう」「これは欲しい!」などのコメントが寄せられています。Jadeさんは他にも様々な作品を作り販売しています。#2018年自分が選ぶ今年の4枚本当に数作ってなくてびっくり…作品が大型化した年でした水面の表現は、まだまだ進化します。作品数も伸ばします!来年もどうぞよろしくお願いいたします pic.twitter.com/mPZC6vWYgy— Jade@11/17 DF G60 (@jad_ko) December 30, 2018写真を見ただけで欲しくなってしまう作品の数々。素晴らしいクオリティです。 どんどん噴煙上がってった鹿児島といえば桜島〜今日も元気!笑観光できてる人達はびっくりしそうだけど鹿児島県民みんな写真撮影〜久しぶりにこんな噴火したのみたなぁ pic.twitter.com/cGoZDwlr6y— あ み. (@nkento727) November 8, 2019こちらは2019年11月8日ごろに鹿児島県内から撮影された桜島の動画。動画には噴火した桜島の噴煙が間近に確認できる様子が映し出されています。動画には「慣れてる地元の人が写真撮るとは、凄いんでしょうね」「映画のワンシーンかと思った」「凄い!」などのコメントが寄せられています。慣れていない人がこの光景を見たらパニックになってしまいそうです。。冷静でいられる気がしません^^; 1分10秒あたりからどうぞ。とても変わった漁の動画が話題になっています。前回9ポストで紹介したメントスと歯磨き粉を地面の穴に入れて魚を捕まえる動画が話題になりましたが、今度はメントスとコーラと卵を入れて巨大魚をゲットする動画が話題になっています。前回は小さな魚が何十匹も撮れてしまう動画でしたが、今回は数は少ないものの超大物の魚が捕れてしまいます。動画には「意味がわからない!」「スゴイ!」「ハハハ。とても面白い男だ」などのコメントが寄せられています。酸欠になった魚が驚いて出てくるらしいのですが。。こんな漁の方法があるとは驚きです。 こちらは、2019年11月12日23時07分に噴火した桜島の様子。動画には噴火によって桜島が赤く染まっていく様子が映し出されています。火山雷が発生しているのも確認できます。動画には「凄すぎる」「不謹慎なのかもしれないけど、自然のパワーって美しい」「こりゃスゴイ」などのコメントが寄せられています。圧倒的な力に鳥肌が立ちます。 1分20秒あたりからどうぞ。アマゾンで購入した、電池式の転がる猫のおもちゃ。飼い犬の柴犬たちに与えてみたらどうなるのか試してみます。最初は興味津々で匂いを嗅いだりするのですが、あまりに機械的な動きに怖くなってしまったのか、だんだん恐れ始めます。最後にはパパの上に避難する怖がりっぷりを見せてくれました笑動画には「避難する姿が可愛い」「猫の笑い声が怖い」「ドン引きしてる笑」などのコメントが寄せられています。この笑い声は人間が聞いても普通に怖いです。。笑 ある日、庭にやってきた一匹の母猫。その猫は左足を引きずっていました。その猫に子猫がいることに気づいていた動画投稿者さんは、猫の後をつけようと思いましたが、彼女はなかなかそうはさせてくれませんでした。彼女は日に2回ほどご飯を食べにやってくるようになっていましたが、その後はいつも休憩していき、いつの間にか帰ってしまうので、タイミングを逃していました。そしてある日、やっと母猫の後をついていくことに成功しました。少し歩いた後、母猫は草むらの中に入っていきました。そこには生後3週間くらいと思われる5匹の子猫たちがいました。投稿者さんは子猫たちと母猫を家に連れて帰りました。その間、母猫は投稿者さんの一挙手一投足に目を配っていたと言います。幸いなことに子猫たちは全員健康でした。獣医さんに母猫を連れて行って診てもらったところ、引きずっていた足はだいぶ前に骨折したままになっていました。適切な治療が行われなかったため、骨は変なくっつき方をしてしまっていました。獣医さんは、この段階から治すのはとても難しく、今すぐ直す必要もないと思うと言いました。少しの間猫たちを預かってくれることになった友人の家にやってくると、母猫はまず家中の隅から隅までチェックしました。周囲の安全確認が終わると、子猫たちをナメてきれいにしてあげました。子猫たちは2ヶ月ほどこの家で落ち着いた後、里子に出される予定です。下は元気になった子猫たちの姿。良い人に出会えて本当によかったです。 冬に向け、エサを求めて外出していたカモシカ親子が、昨日出勤して参りました☺大湊は、日増しに寒さが身にしみてきている今日、初雪が降る予報です(>_<)#大湊 #二ホンカモシカ #初雪 pic.twitter.com/zjeBrdfvle— 海上自衛隊大湊地方隊【公式】 (@JMSDF_orh) November 14, 2019海上自衛隊大湊地方隊の公式Twitterアカウントが投稿した動画が話題になっています。動画には特別天然記念物の「ニホンカモシカ」の親子がのんびりと歩く姿が映し出されています。動画には「子供がお母さんにべったりで可愛い」「広報隊員として任命しては?」「可愛い!」などのコメントが寄せられています。こんなに警戒心がないことに驚きです。優しい人だと分かったのでしょう^^

「 9ポスト 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 1,062,592 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-11-17 11:54
  • ブログの投稿日時 : 2019-11-19 12:18
  • 評価 : 95 %
  • 再生回数/時 : 1814

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧