さすがに怖すぎる。大きな橋の主塔部分をハーフパイプとして使ったエクストリームなスケーター

ブラジル、サンパウロの大きな橋の主塔部分が、ちょうどスケートボードのハーフパイプのように湾曲している。ならばそのままハーフパイプとして使ってしまえ!という、頭おかしいチャレンジ。一応、安全を期してネットを張っているけれど、車も普通に通行中で、高さ約30メートルというのは恐ろしい。【関連】ハーフパイプはこんな風に形成されていたみたいスケートボードを自在に操るKilian Martinのスケボートリッ

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 37,531 回
  • 動画の投稿日時 : 2019-11-19 19:34
  • ブログの投稿日時 : 2019-11-30 19:53
  • 評価 : 97 %
  • 再生回数/時 : 91

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧