鉄道や空港の乗客をスキャンするAI赤外線センサーを、バイドゥが開発【コロナウイルス】

Image:Shutterstock.com監視社会は、こういう風に使うのが理想的?武漢を中心に世界へと広がっている新型肺炎、コロナウイルス。中国は感染患者を収容する病院を10日間で建設してしまうスピード感で対処していますが、最近ではBaidu(バイドゥ)が作ったAI赤外線センサーがサクっと導入され、駅や空港にて電車や飛行機の乗客をスキャンし、潜在的な感染者を炙り出しているのだそうです。知らぬ間に

「 ギズモード・ジャパン 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 509,721 回
  • 動画の投稿日時 : 2020-02-03 07:51
  • ブログの投稿日時 : 2020-02-07 07:01
  • 評価 : 94 %
  • 再生回数/時 : 968

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧