小動物より細胞の数が多い大型動物が癌になりにくいという「ピートのパラドックス」。それはなぜなのかという仮説を解説

小動物に比べて大型動物は細胞の数が圧倒的に多いにもかかわらず、癌になる細胞は予想以上に少ない。「ピートのパラドックス」と呼ばれるこの生物学的逆説について、2つの主要な仮説を解説した映像。腫瘍抑制遺伝子、ハイパー腫瘍、どちらが主な理由であっても、それを研究することで人間の癌治療にも大きく役立ちそう。

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 6,880,437 回
  • 動画の投稿日時 : 2020-03-01 13:30
  • ブログの投稿日時 : 2020-03-18 12:12
  • 評価 : 99 %
  • 再生回数/時 : 6277

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧