15世紀にイギリスから広まり、忘れ去られた恐ろしい疫病「粟粒熱 (そくりゅうねつ)」その原因は今も不明

中世の時代、人々は次々襲ってくる病気の脅威に常に悩まされていた。衛生知識もろくになく、病気の性質に対する理解も乏しかったこの時代、ひとたび病気が発生すると、たちまち蔓延し、中世の医師たちは頭をかかえた。 こうした病の多くは、今日ならその仕組みや対処法...

「 カラパイア 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 376,991 回
  • 動画の投稿日時 : 2014-05-15 20:02
  • ブログの投稿日時 : 2020-03-26 22:52
  • 評価 : 94 %
  • 再生回数/時 : 7

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧