トルコの絵画技法「エブル」で美しい孔雀模様のマーブルができるまで

日本では「墨流し」と呼ばれ、トルコでは「エブル」と呼ばれるペーパー・マーブリング技法。水を張ったトレイに色とりどりのインクを垂らし、水と混ざらず撥水しているところをクシや筆で規則的、または不規則に混ぜて美しい模様を作る技法です。できあがったら紙に転写して、乾かせば芸術作品として「ハイ、完成」となるのです。でも口で言っても難しいですよね。まずは見てみるとしましょう。

「 ギズモード・ジャパン 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 16,412 回
  • 動画の投稿日時 : 2016-10-30 22:17
  • ブログの投稿日時 : 2018-05-03 22:56
  • 評価 : 93 %
  • 再生回数/時 : 0

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧
  • たしかに。鳥肌たって泣きそうになったわ。