真鍮のワイヤーを巻いて切って繋ぐ、キューバ式チェーン・ブレスレットを作る工程

太さ4.8mmの真鍮製のワイヤーを金属の棒に巻き付け、ノコギリで切断。切り離されたパーツをつなぎ合わせたら、それぞれを輪にして溶接、捻って側面をヤスリがけ。キューバ式だというチェーン・ブレスレットを製作する工程がなかなかおもしろい。【関連】スパナにレンチにチェーンまで!意外な金属を加工して作ったナイフがかなりの格好よさで欲しくなる超長いボールチェーンの端をビーカーから落とすと起きる、あの物理現象を

「 小太郎ぶろぐ 」様のサイトで続きを読む
  • 再生回数 : 3,787,522 回
  • 動画の投稿日時 : 2018-08-11 11:07
  • ブログの投稿日時 : 2018-09-13 19:41
  • 評価 : 95 %
  • 再生回数/時 : 3943

※名前は16文字以内、コメントは500文字以内でお願いします。コメントにURLが含まれていたり、日本語が含まれていなければスパム扱いになります。

新着コメント一覧